トルコの結婚式事情

「婚活」ビジネスが急成長しているトルコ

トルコは西アジアにあるアナトリア半島と東ヨーロッパバルカン半島の東に位置する国です。
位置的にアジアとヨーロッパの中間地帯にあることから、世界的にも非常に独特な文化を持っています。

首都はアンカラですが他にイスタンブールという大都市を有しており、国民の約99%はイスラム教徒です。

その象徴とも言えるのがトルコ街中で見られる人々の様子です。
イスラム圏においては特に女性の生活スタイルは厳しく制限がされており、ニカーブのような顔全体を覆うスカーフの着用などが義務付けられています。

しかしトルコ市内の様子を見てみると女性は西洋各国と全く変わりないような自由なファッションを楽しんでおり、さらにいうと街で簡単にお酒を購入することもできます。

人口の99%がイスラム教徒とはとても思えない風景ですが、これは「トルコ憲法」という独自の法制によるものです。

トルコはイスラム圏でも有数の世俗主義国家となっており、政治と宗教が完全に分離されていて、公共の場における宗教的な思想は極力制限されるべきという立場をとっています。

従って結婚観はかなり西洋文化に近いものとなっており、結婚式においてはブライダルコーディネーターに依頼をしてウェディングドレスを着用したチャペルウェディングが多くの人に選ばれているのです。

ローンをしてでも豪華な挙式をしたい!

トルコ国内で急成長をしているのがブライダル関連ビジネスです。
家族や親類が結婚相手を見つけてくる他のイスラム国家と異なり、トルコでは男女とも積極的に結婚相手を見つけるための活動を行っています。

出会い系サイトやお見合いイベントなども数多く運営されており、日本同様に「婚活」ということが年頃の男女にとって大きなサービスとして認知されているのです。

中でも高学歴層や高所得者層の婚活はかなり活発な動きを見せており、より好みに合った專門の婚活サービスは近年大きく業績を伸ばしています。

婚活もそうですが、結婚式に関してもかなりお金をかけたがる人が多くなっており、トルコ人カップルが挙式に際してローンの借り入れをするのも当たり前です。

これはトルコ人カップルがヨーロッパ諸国と比較して経済的にあまり余裕がないということも関係していますが、ここ5年の間に結婚をしたカップルのうち、約76%がローンを組んで挙式披露宴をしているということは注目すべき点と言えます。

結婚式はヨーロッパ式の教会や施設で行われることが多く、イスラム国家としてのこだわりはほとんど感じることができません。

一方で離婚率の増加も大きな問題となっており、結婚願望が高い一方で自分のライフスタイルに合わない相手はすぐに別れるという柔軟な姿勢も垣間見れます。