フィリピン

フィリピンの伝統的な結婚式とは?

日本からの観光客や留学生が多いフィリピンですが、その理由の一つとなっているのが国全体にあるおおらかな空気です。
フィリピンに長期滞在する日本人も少なくないので国際結婚などをすることもよくあり、そこで初めてフィリピンという国の文化に触れるという日本人もかなりいます。

一言でいうとフィリピン式の結婚式というのは非常にカジュアルで、ほとんど準備らしい準備もいらないと言ってもいいくらいです。
一応はこれから開催される結婚式や披露宴についての招待状は発行されますが、そこに何か詳しいことが書いているわけではなく何時から開催されるかということすら明記されていません。

最初に行う挙式は国内で最も多い宗教であるキリスト教式のチャペルで行われることがほとんどで、カトリック教会の中で宗教のしきたりに沿って行われます。
新郎と新婦は白いドレスとタキシードに身を包みますが、他の参列者はほぼまったくドレスアップはせず普段着そのままで教会内に入って二人とその家族を見守ります。

なお挙式は日本では親族のみとなっており各家ごとに招待される人の着席スペースが区切られますが、フィリピンではそうしたことはなく自由に入り左右男女に分かれて着席をしていきます。

一見ゆるそうに見えるフィリピン式の結婚式ですが、ただ一つ非常に厳しいのが結婚による拘束力でフィリピン人同士の結婚は一度してしまうと離婚をすることができません。
これは離婚ということがフィリピンの法律で認められていないためで、挙式で神前で行う誓約書へのサインは一生続く強制力の強い書類ということになります。

意外なことにフィリピンでの日本人挙式は少ない

日本からの観光客が年間を通じて多く訪れるフィリピンやその領土であるセブ島ですが、実際のところ海外リゾートウェディングの場所としてはそれほど多く選ばれているというわけではありません。

フィリピンに観光に行ったことがある人や、フィリピン国内の様子を写した映像や写真を見たことがある人にとっては「こんな景色を背景に結婚式の撮影をしたい!」と思うかもしれません。
確かにフィリピン国内にはたくさんの有名な観光名所はあるのですが、だからといって結婚式場として向いているかというとそういうわけではなかったりします。

一般的に日本から海外リゾートウェディングを希望して渡航する人の多くは、高級感のある一流ホテルなどで洗練されたサービスを望んでいることと思います。
ですが前述したようにフィリピン国内においては結婚式という式典そのものに対しての意識は非常に基準が低く、ゆるい雰囲気のまま取り扱われてしまうことがほとんどなのです。

過去には海外ウエディングが大流行したということで数多くのブライダル企業や旅行代理店がフィリピンに開拓に訪れましたが、現在ではそのほとんどが撤退をしています。
これは例えば式に使用する小物一つにしても多少壊れていても気にしない、ないならないでもいいじゃないかくらいの適当な扱いをされてしまうことが多いからです。

ですのでこれからフィリピンで挙式をしたいというふうに考えているなら、とことんゆるい式でもかまわないくらいのおおらかな気持を持てるかどうかしっかり考えて決めた方がよいでしょう。