宇多田ヒカル(歌手)

記録と記憶に残る歌手、宇多田ヒカルとは

宇多田ヒカルは日本を代表する女性シンガーであり、日本の音楽史中で最も売れたアルバムを出しています。
アメリカのニューヨーク州出身であり、英語は堪能です。
米国在住の時にはファミリーユニットとしてCDを発表しています。

また、1997年にはソロシングルとアルバムをアメリカで出しています。
その頃に日本のディレクターから誘われて、1998年には日本で歌手デビューをすることになりました。
1998年にファーストシングルを出したことをきっかけに日本ではセンセーショナルな報道をされて話題となり、デビュー後に帰国子女であり藤圭子の娘であることが分かりました。

1999年にはファーストアルバムを発表して、これが800万枚以上の売上を記録する大ヒットとなりました。
これは日本のアルバム史上歴代1位の記録となっています。
この年には活動拠点を日本に移して活動するようになりました。

テレビ番組への出演をするようになり、どの番組も好視聴率を記録しています。
2000年には初めての全国ツアーを行いました。
また、2006年にも全国ツアーを開催しています。

2001年にはセカンドアルバムがリリースされて450万枚の売上を記録しました。
このアルバムは浜崎あゆみのベストアルバムと同時期にリリースされて、どちらの歌姫が勝つのか話題となりましたが、結果的には宇多田ヒカルのアルバムの方が売れました。
2002年にはカメラマン、アーティストである紀里谷和明と結婚をしました。
しかし、2007年には離婚しています。

その後に2014年にはバーテンダーをしている一般男性と結婚しました。
イタリアでのこのニュースに離れた地である日本でも大きな話題となったので、記憶に残る人も多いでしょう。

宇多田ヒカルの国際結婚

宇多田ヒカルが2014年に結婚をした相手はイタリア人の男性です。
相手は8歳下であり、イギリスにあるホテルのバーテンダーとして働いています。
とても誠実な性格をしていて、多くの友人を有しており、誰にでも愛される好青年です。

宇多田ヒカルはそもそもアメリカ出身であり、外国暮らしが長いため国際結婚といえるのかどうかは微妙な部分があります。
元々、日本の文化や生活習慣などが深く身についているわけではないため、普通の日本人よりも国際結婚に対する障害は低いと考えられるでしょう。
今でも夫婦仲良く暮らしており、これからも離婚をせずに生涯を添い遂げていくでしょう。