浜崎あゆみ(歌手)

稀代の歌姫浜崎あゆみとは

浜崎あゆみといえば日本を代表するアーティストとして知られています。
エイベッスクレコードに所属しており、1990年代の後半から大ヒットのCDを多数リリースしており、特徴的なファッションも人気を集めました。
一時期はテレビ番組のレギュラーやCMなどにも出演して、社会現象を巻き起こしたほどです。

元々はモデルや女優としての活動をしていたのですが、1998年からCDデビューをしてアーティストとして活動を始めました。
基本的にすべての楽曲は自分で作詞をしているのが特徴です。
また、作詞のみならず衣装やミュージックビデオ、CDのジャケット、雑誌のグラビアなども本人がすべて演出しており、徹底的に自己管理をしています。

1999年の1月にはデビューアルバムがリリースされて、このアルバムが150万枚を売り上げる大ヒットとなりました。
その頃からマスコミで注目されるようになり、女子高生のカリスマとして、若者がファッションを真似るようになりました。
大きなサングラスをかけて、ネイルアートやヒョウ柄などを好み、流行の発信源となっていたのです。

ネイルクイーンやベストジーニストでは殿堂入りを果たしています。
エイベックスの会社の売上を大きく左右するほどの存在であり、2001年の3月期にはなんと同社の利益の4割を稼いでいます。
このようにとてもすごい実績を残して今でも成功し続けているアーティストです。

そんな浜崎あゆみは国際結婚をしたことでも知られています。
2011年にはオーストリア出身で俳優やモデルをしているマニュエル・シュワルツと結婚しました。

浜崎あゆみの国際結婚

浜崎あゆみの婚約者であったマニュエル・シュワルツとはミュージックビデオで共演したことをきっかけとして付き合うようになりました。
ただし、日本国内では婚姻手続きをしておらず、そのため戸籍上では未婚でした。
また、2012年には離婚を発表しました。

しかし、2013年になるとブログ場でロサンゼルスに住んでいる男性と婚約をしたことを発表して話題になりました。
2014年には婚姻届を提出して、米国での結婚証明書も提出しています。

浜崎あゆみは仕事の関係上外国人と関わることが多いため、そこからの流れで国際結婚をすることは自然となりました。
元々、日本のアイドルとの交際が話題になっていた時期もあったのですが、結局、最終的に結婚をした相手は外国人だったのです。
ただし、これからも再び離婚をして、別の男性と再婚する可能性はあるでしょう。

浜崎あゆみの場合には、かなりの収入があり、自立して生活することができるため、結婚相手の男性は純粋に異性として評価できる人を選ぶことになります。
このような状況だと相手のことを嫌いになれば簡単に離婚することが多いのです。
これからの浜崎あゆみに注目しましょう。