伊達公子(テニス選手)

プロテニスプレーヤーの伊達公子とは

国際結婚をしている有名人としてよく知られているのがテニス選手の伊達公子さんです。
1970年生まれの女子プロテ二ス選手である彼女はアジア出身の女子テニスプレーヤーとして初めてシングルスランキングのトップ10入りを果たしました。
夫はミハエル・クルムであり、レーシングドライバーをしています。

伊達公子さんは、ライジングショットの名手として世界的にその名を轟かせていた選手です。
そのプレイスタイルや人柄から吐いたあだ名はライジングサン。
4大大会においてシングルスのベスト8入りを過去に6回達成しています。

日本人の女子テニスプレーヤーとしては圧倒的な成績を残しています。
彼女は2001年にミハエル・クルムと結婚をしたことにより、クルム伊達公子となりました。

6歳の頃からテニスを始めています。
高校時代にはインターハイにおいて三冠を獲得しています。
その後、高校を卒業した後にプロに転向しました。

それからは瞬く間に世界トップレベルの選手として躍進します。
1996年の9月24日に引退しました。
しかし、2008年には現役に復帰しました。

12年ものブランクがあるにも関わらず現役復帰をした理由は、若い選手に対して刺激を与えるためだと語っています。
登録をする際にはクルム伊達公子としてプロ登録しました。
2009年には13年ぶりに4大大会に挑戦しています。

現在でもプロテニスプレーヤーとして精力的に活動しています。
そのため、伊達公子のファンはたくさんいて、世界中から注目されています。

こちらの記事は伊達公子の国際結婚について解説しています。
興味のある方は読んでみてください。

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/221274/

伊達公子の国際結婚について

伊達公子さんの国際結婚の相手はミハエル・クルムです。
彼はドイツ人であり、1970年生まれです。
レーシングプレーヤーであり、1988年にフォーミュラ・フォードからデビューをして、翌年シリーズチャンピオンとなりました。

その後も華々しい成績を残しています。
たまにミハエル・クルムのことをF1レーサーとして紹介されることがありますが、実際にはf1への出場経験ありません。

ミハエル・クルムはフランスのル・マン24時間レースに出場したのですが、この時に伊達公子さんはテレビ局の仕事でリポーターとして現地へ行っていました。
この時がきっかけで友達付き合いをするようになり、やがては恋人同士となりました。
お互いに忙しい人達なのですが、伊達公子はサーキットへ頻繁に訪れて応援をしていました。

そのような過程を経て、ついに結婚をすることができて、今でも仲の良い夫婦として知られています。
国際結婚をするきっかけというのは人それぞれですが、ひょんなことから交際がスタートして、そのまま結婚に至る方が多いです。